読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VR 研究記

3D技術の経験を活かして、VRに挑戦するおっさんの奮闘記

【VR】挑戦の日々がスタートする

Oculus DK2とhTc Viveを借りてVRの開発の感触を試してみた。

Viveの方は、センサー2つとコントローラーが2つ、HMD(Head Mount display)がついてます。
自宅が狭すぎて、センサーを設置できずViveは試すことが出来ませんでした。

(今週末に試す予定です。)

Oculus DK2 (Development Kit Ver.2)のほうは、トラッキングセンサーがひとつとHMDがあるだけでした。
最新のセットアップツールでは、動作しなかったので、0.4.3-Betaの環境でサンプルアプリの動作を確認した。
とても、違和感の無い世界が広がっていて、今回は本格的に没入感が強く得られるなという印象が強かったです。

貸主のところでもデモを見せるつもりで、準備したのですがDisplay周りが断線したのか動作しなくなってしまいました。

使える機材が無くなったけど、地道にUnityだけでアプリ開発の勉強をしています。
父ちゃん、孤軍奮闘だぁ・・・・w (FFXⅢ サッズのセリフ)
※Oculus DK2は、beta版しか動かないので最新の機能を試すことは出来ないことがわかった。 (DK2向けのAPIは、C++言語が

 

 

ベースでした。)
正式版は、Unity用のAPIが用意されており、C#などのスクリプトで開発が可能です。